流行りものは一度は試してみたい人です



こんにちは。JOURO(ジョウロ)代表の青木です。「虹ノアトリエ」という花業界専門オンラインサロンを運営したり、花と緑に関するサービスの開発提供をしています。


1月下旬くらいから急に世間を騒がすようになってきた感がありますね。

clubhouse(通称:クラハ)。

皆さんはもう参加されていますでしょうか?

全くよくわからず「なんか賑わっているから」という理由で、とりあえず始めた方も多いと思いますが、とりあえず始めるにも招待されないと始められないという、またここが焦燥感を煽られるというか設計が上手だなと思ったところでございます。


奇跡的に僕の場合は友人が招待してくれたので1月下旬からスタートすることができました。


右も左もよくわからないので、まずは乱立している「ミュート部屋」に参加し、参加している方を順番にフォローしていきました。なので、フォロー数がやけに多くなっちゃいましたが、ご愛嬌ということで。


で、この初期の段階なので「今だけフォロバ100%」と謳っている方も多いですが、ここで本当にフォロバしてくれる方とそうでない方がいるのも見えてきました。制限がかかってフォロバできないならともかく、明らかにそうではない感じの人も「今だけフォロバ100%」という文言を使うのは、なんだかな〜という気になってしまいます。。


ミュート部屋はバンの対象

それと↑の情報がどこまで正確なのか?わからないので、信じる人だけ信じればいいと思いますが、心優しい感じの声の方が教えてくれたので、僕はミュート部屋からは退出し、これからもミュート部屋は作らないようにします。(ま、それが本来の使い方だよね💦)


で、何せ誰もまだclubhouseの正解がわかっていない状況だと思われますが、一説によると「特に女性が雑談をする場」として相性が良いようです。


お友達とカフェでお茶したり、女子会がリアルでできなくなっている鬱憤をここで晴らすじゃないけど、その需要はどうやらあるようですね。それとclubhouseの相性が良いとのことなので、「花」を切り口にどうしたら女性が参加しやすいチャンネルを作れるか?業界の仲間とも考えたいと思います。


こうしたSNSツールは今後もどんどん出てくることもあり得ますが、やっぱり思うのは、あくまで「ツール」だということ。僕はフラワーディレクターというお仕事がメインで、サブでローカルモデル。で、地元の活性化にも尽力していきたいと思っているので、ローカルモデルを省いた2つのお仕事の活動を発信するために、こうしたSNSツールは活用していきたいと思います。(そこでコンサルして稼ごうとかは全く思ってない)


「ツールに使われない」 「ツールに弄ばれない」 そこは注意したいですね。 では、クラハ生活をしばらくは楽しみましょう♪

それではみなさま、今日もがんばローズ🌹


JOURO LINE公式アカウントはこちら

3回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示