top of page
チャリボンPJロゴ.png

読み終えた本を
​私たちに託していただけますか?

子どもたちに

お花のある生活という

文化体験を届けたい

still-life-daisy-flowers.jpg

増加する日本の貧困家庭

貧困家庭とは、国民の年間所得の中央値の50%に満たない所得水準のご家庭を示す言葉。
厚生労働省の調査によると、2018年の貧困線は127万円、相対的貧困率は15.4%。
この調査結果は日本の人口約6人に1人が相対的な貧困状態にあることを示しています。

きっかけ格差が広がっている日本社会

過疎地

身近に年の近い先輩がいないことで思い描ける進路選択が限られる

災害

災害で日常を奪われ、心身ともに疲弊し未来への希望が持てない

家庭環境

経済的な理由で進学や夢を諦めたり、やりたいことができない

参照:KATARIBAホームページ

こどもの自己肯定感が低い国、日本

予測不能な変化の激しい時代において自ら未来をつくりだす「意欲と創造性」が必要です。
しかし、日本の10代は自己肯定感が低く、自分に自信がなく意欲を持てていません。

image.png

「自分は価値のある人間だと思う」という質問に対して「そうだ」「まあそうだ」と回答した人の割合

参照:KATARIBAホームページ

これらの背景から
文化体験機会を失っている子どもたちに
"花のある生活”という文化を届けたい
という想いで企画されたのが
『フラリボン』です

読み終えた本の預け方

その1.お近くの花屋さんへ

STEP.5

​子どもたちから
大切な人へお花をプレゼント

STEP.4

KATARIBA
から
​子どもたちへ

査定後
買取金を
KATARIBA

STEP.3

STEP.2

​花屋さんから
古本を
バリューブックス

image.png

読み終えた本を
​花屋さんへ

STEP.1

その2.指定場所へ集荷依頼

「近所に花屋さんがない」「花屋さんに行く時間が取れない」「本を持ち歩くのが面倒」など、
様々なご事情があろうかと思います。
​その場合は、ご自宅やイベント会場などを指定して集荷依頼をかけることも可能です。
方法については、
こちらをご覧ください。

PROJECT
参加花屋さん募集中

プロジェクトに参加してくださる花屋さんを随時募集しています。

PROJECTを
多くの方に知ってほしい
​多くの花屋さんに参加してほしい

一人でも多くの方にこの活動を知っていただくために
sns等の発信で力を貸してください。

PROJECT
応援メッセージ募集中

プロジェクトを盛り上げるために応援メッセージを募集しています。

undraw_Mobile_messages_re_yx8w.png
  • 花屋Aさんの声
    この職業の扱われ方が海外に比べて・・・悔しい思いも沢山してきたから​なんとかしたい!
  • 花屋Bさんの声
    普段なかなか相談できる人いないので、ありがたい!他の花屋さんの意見や考えを聞くことで、今まで気付けていなかった課題に気づくことができた!
  • 花屋Cさんの声
    何か新しいことやっていかないと、この業界ホント先がない!だからこの動きをもっと ​活性化させていきましょう!
  • 花屋Dさんの声
    業界として今とても厳しいので、もっと同業者同士が手を組んで​何か働きかけが必要だと思っていた!
  • 花屋Eさんの声
    情報源が常に同じ人だと変化がないので、こういったグループは勉強になる

PROJECTに関するお問い合わせ

査定がつかない本もありますので、こちらから詳細をご確認ください

bottom of page