JAるもい 花き担当 菅原力也さん インタビュー後編

こんにちは、JOUROライターの岩田紫苑です。

先週に引き続き、JAるもい 花き担当 菅原力也さんのインタビューをお届けします。

前編はこちらから。


生産者とお花屋さんの間にたち、「るもいのお花」を販売している菅原さん。

日々大切にしていること、工夫されていることをはじめ、今後の展望についても伺いました。


前編でご紹介頂いた「るもいのお花」を拝見すると、農家さんが作りたい花/作れる花というより、お花屋さんのニーズや流行の色を汲み取って、生産しているイメージです。

菅原さんが、農家さんとのやりとりで、工夫していることはありますか?

花農家さん自らが、販売まで担う方はごく少数です。でも、販売というステップを踏まないと、今生産しているものをより良い品質にしていこう、という考えにしか至らない。

もちろん、高品質なものを作るという志は素晴らしいと思います。しかし、お花が大きく、丈夫なものだけが、お花屋さんにとって価値あるお花とは限らない。


実際、お花屋さんにヒアリングすると、こんな意見を聞くこともあります。

例えば…品質がある程度良いものであれば、バリエーションが豊かなほうが良いとか。

アレンジメントとして、使いやすい仕立てのほうが良い、とか。

あまり表にはでてこない、潜在的な意見をお花屋さんから汲み取る。そして、それを嚙み砕いて生産者に伝え、現在出荷しているお花の見直しもする。

これがとても重要で、私の仕事です。


安定した品質、使い勝手のよい仕立て、どの時期でも手に入りやすいもの。

どのお花も、この3箇条が整うように、試行錯誤しています。


▼るもいの代表的なお花たち





お花屋さんの潜在的な意見を、農家さんに伝えた時の反応はいかがでしたか?

もちろん、否定される時も多々あります。るもいには20件の農家さんがいらっしゃるが、全員が全員、すぐに快諾して新しいことをやってくれるわけではない。

しかし、出来る農家さんを見つけて、まずは小さく1~2年始める。

開発したウニアスターも認知までに、3年かかりました。4年目でやっと売り込んでいく段階に入りました。他の農家さんが栽培しているのを見て、私も栽培をしてみようかなと、名乗りでてくれることもあります。


▼菅原さんたちが開発したウニアスター



なるほど、柔軟なお考えの花農家さんが多いのですね。

「るもいのお花」の人気の理由が分かりました。


菅原さんが、お花を販売する上で大切にしていることはありますか?

「るもいのお花」の強みは、産地です。

栽培において、気候が一番の味方をしてくれます。夏場でも涼しく、海風も入る。

そのため、発色がよく、丈夫でボリュームのあるお花が育ちやすいのです。

私が大切にしていることは、この強みを生かし続けること。他の産地が追い付けないスピードで、変化を繰り返して、ここでしか作れないお花を作っていきたいですね。


今後、どんなお花が開発されるのか、とても期待しております!

最後に、「るもいのお花」の展望をお聞かせください。

今年から、産地直送を始めました。市場での流通だと、都市部にしか回らず、地方では手に入らないお花屋さんがあります。「るもいのお花」は知っているけれど、買うことができないという状況は、非常にもったいない。

なので、機会損失を埋めるべく、新しい流通のかたちとして、産地直送をスタートしました。


さらに、小さなお花屋さんにも寄り添っていきたいと思います。

通常の集荷場では、それぞれの農家さんが箱詰めしたものが届きます。

それを市場ごとに分荷していく作業があります。

しかし、私たちの集荷場での作業は、特殊です。

個々の農家さんが、お花を少量ずつ透明フィルムで簡易包装し、バケツで水揚げしている状態で届きます。それらを、農家さん自身が、市場や小売店ごとに箱詰めしていくのです。


▼集荷場での様子



少量で簡易包装されているから、様々な品種のお花をミックスで組むことが可能になる。

1種類のお花が沢山届いても、小さなお花屋さんでさばくことができず、販売ロスになってしまいます。このような事態を避けられるのが、ミックスで組むこと。小さなお花屋さん向けに、様々な色のお花がミックスで組めるという強みもあるので、ここも伸ばしていきたいですね。


▼人気のモノリシアンのアソート




お忙しいなか、お時間いただき、ありがとうございました!!


マーケター的思考をお持ちで、お花屋さんからのヒアリングを大切にしている菅原さん。

新しい品種の栽培においても、柔軟に対応できる花農家さんが多いのも

「るもいのお花」の強みだと思いました。

今後も、るもいからどんなお花が開発されるか楽しみです。


▶︎JAるもい

Instagram 

Blog 

閲覧数:76回0件のコメント

関連記事

すべて表示