トークイベント AFRIKA ROSE 田中秀行様

更新日:4月16日

こんにちは、JOUROライターの岩田紫苑です。


先日は、「花と緑の社会実験室soe!」特別研究会にご参加いただき

ありがとうございました!

ゲストに、株式会社Asante(AFRIKA ROSE)代表取締役の田中秀行様をお招きし、

Soe!主宰の青木と対談形式で、トークイベントを開催しました。


トークのテーマは、「AFRIKA ROSEのこれまでとこれから」





まずは、田中さんの今までのご経歴をたどりながら、

AFRIKA ROSEについて、ご紹介いただきました。


金融業界で10年働いていたそうですが、今後のキャリアをイメージすることが出来なかった田中さん。

在職中、フランスに留学し、フラワーアートスクールに通います。

2012年、帰国後フラワーデザイナーとして独立。

その後、AFRIKA ROSEの創業者である萩生田愛さんと出会いがきっかけで、

プロボノとして関わり始めます。2015年、株式会社Asanteの取締役になり、

先月からは、代表取締役に就任されています。


現在、広尾と六本木ヒルズにお店を構えるAFRIKA ROSE。

ケニアで育てたバラをフェアトレードとして、日本に輸入。

上記の二店舗とオンラインストアにて、販売されています。

寒暖差の激しいケニアでは、強く大きく、色鮮やかで繊細なバラが育つそう。

この高品質のバラを、ケニアから世界へ届けることにより、

現地の雇用の一助となっています。


AFRIKA ROSEとして、今後の展望を伺ったところ

このように仰っていました。

「バラという綺麗なものを扱うには、扱う人自身が、心も身体もウェルビーイングな状態であってほしい。良い状態で接客してもらえば、それがお客様にも伝わるし、循環するから。

そんな職場環境を保てるように、スタッフとの意思疎通を積極的にはかっています。そして、AFRIKA ROSEに関わる全ての人が、幸せになる仕組みを築いていけたら。」



また、個人での活動も多岐にわたっています。

一般社団法人LIFE IS ROSEや、YAMASEMIというコミュニティ運営など。

それぞれ、立ち上げや運営に至ったきっかけ、活動内容もご説明いただきました。


そして、最後に、とても印象的だったお言葉がこちら。

「ひと一人が一生の中で出会える人数には、限りがある。人口が70億人だから、70億分の1という単純な考えではなく、場所や時間を考えると、1がい分の1に値するそうです。出会えているだけで奇跡だと考えると、人との繋がりを大切にしたいし、今一緒に働いているみんなを大事にしようと思います。」


多方面でご活躍されている背景。そこには、人望が厚く、人とのご縁を大切にする

田中さんのお人柄が伺えるエピソードばかりでした。


田中さん、ご参加の皆様、ありがとうございました!


次回は、5/17(火)19時半~21時。

ゲストは、株式会社山田紙器/一般社団法人ギフト研究所の山田晴久様をお招きし、

「ギフトのいろは」について、対談します。





次回の開催もお楽しみに!

閲覧数:36回0件のコメント