top of page

「茎」の種明かしは、最後に。(山形県・惺山高等学校のSTEMN活用事例)

こんにちは、岩田紫苑です。

JOUROでは、日々お花を扱う現場(市場、お花屋さん、葬儀会社など)で、廃棄されている植物の茎に注目し、その資源化に努めています。


お金を払って、お花を仕入れているにもかかわらず、お金を払って葉や茎を処分する。

この「もったいない」を解決するためのプロジェクトとして、商品開発を進めています。第一弾として、廃棄される茎の粉と、1度世の中に出回った新聞古紙を原材料とした、循環型植物用ポットを販売中です。


その植物用ポット「STEMN-ステムン-」を、山形県山形市にある惺山高等学校の華道部の生徒さんたちに、使っていただきました。ありがとうございます!


今回は、STEMNが教材として、どのように活用されたのか?

華道部の先生から詳しくお話をお聞きしましたので、ご報告いたします。

 

1回目の活動

まずSTEMNを見て、触り、その原材料の予想をしながら、感想を生徒たちに聞いたそうです。


花器をみて、どう思いましたか? ・軽いのに頑丈そう ・水に弱そう ・破れにくそう ・リサイクルされて出来たような見た目と質感


この花器の材料は、何だと思いましたか? ・リサイクルした再生紙っぽい ・新聞紙 ・たまごパック ・トイレットペーパーやその芯


など、生徒たちも真剣に考えてくれた、とのこと。


2回目の活動

2回目の活動では、実際にSTEMNでアレンジメントを作り、STEMNの原材料を明かした上で、生徒たちに感想を聞いたそうです。



花器の正体を聞いて、どう思いましたか?

・器の予想をしたときは、紙のような見た目から新聞紙だと思っていましたが、予想では全くででこなかった「茎」も含まれていると聞いて、驚きました。


・普段、部活動で使っている花器とは違い、使い終わったお花の茎を再利用したものだと聞いて、環境に優しいと感じました。今の時代、地球温暖化が進むなかで、小さなことでも環境や地球に気遣って、何かを再利用する取り組みは大切だと思いました。


・茎から花器ができて、しかも使い終わったら土に還ると聞いて、その製造工程がとても気になりました。環境に良いものが、身近なものができていることに驚きました。


・茎も再利用できると知って、驚きました。使ったあとも、土に戻せるので、環境にもよく、凄くよいアイデアだと思いました。



先生によると、この花器の正体を明かしたときは、「えーー!!」と声を挙げて、驚く生徒もいて、とても良いリアクションをしてくれたそうです。


 

このように、まずはSTEMNの見た目や質感、原材料の予想をしてから、

活用したのち、「茎が含まれているよ!」と種明かしをする…という流れは、学生たちの興味や関心を高めながら、インパクトを与えることにも繋がります。


こどもたちに、どうやってSTEMNを使ってもらおうか?と悩まれている先生方に向けて、今回の事例が参考になったら、嬉しいです。


惺山高等学校のHPにも、部活動の様子が掲載されています。

あわせて、ご覧くださいね。

閲覧数:12回0件のコメント

関連記事

すべて表示
bottom of page