top of page

soe!特別研究会 8月版

更新日:2022年8月16日

こんにちは、JOUROライターの岩田紫苑です。

soe!のslackグループにて、特別研究会が開催されました。


特別研究会とは…

月に1度、花き業界に携わる方をゲストとして、お招きし、業界の専門知識を学ぶ勉強会のこと。Slackグループに入っている方が参加できるクローズドイベントです。


今月のゲストは、東京都大田区でお花屋さん「花やのはな菜」を営まれている、

石川千代美さん!

日頃私たち消費者にとって、一番身近な存在のお花屋さん。

まだまだ知らないことがたくさんあり、

今回はお花屋さんの仕事内容について、お話し頂きました。

(動画の一部は、こちらで公開しています。)


ファシリテーター:はなあそび講師 中村佳世さん(左)

ゲスト:花やのはな菜 石川千代美さん(右)


伺った内容はこちら。

・お花屋さんの仕事について

・花の仕入れや購入方法

・緊急事態宣言下での母の日について

・コロナ禍での変化

・集客方法

・お花の購入に繋がる工夫

・お花屋さんになるためのスキルとは

(産地の知識、マーケティングの基礎知識など)

・現在の花業界の課題


トークセッション後は、参加者全員で意見交換を行い、

様々な課題が挙げられました。

花き業界は、伸びしろのある業界であり、まだまだ可能性を秘めています。


そしてその業界を支える人々は、お花屋さんだけではありません。

お花を生産する農家さんをはじめ、卸売市場で働く方。

ブーケやアレンジメントに欠かすことができない、ラッピングを取り扱う資材屋で働く方。

フラワーデザインを極める方や、ご自身の世界観を表現されるフラワーアーティスト。

このような方々をお招きし、花き業界を様々な角度から捉える。

特別研究会とは、そんな勉強会になっています。


講師陣と繋がることもできるので、業界を深堀りしながら、

ご自身の活動に生かしていきたい方や、知見を深めたい方、必見のイベントです。


次回のゲストはフラワーデザイナーの森田真樹さん。

「花で世界平和」を掲げ、プランツ・ギャザリングという手法やルーティブーケを広めるべく、精力的に活動されています。

来月の開催もお楽しみに!


▶花と緑の社会実験室soe!


閲覧数:51回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page