top of page

soe! 特別研究会 6月版

こんにちは、JOUROライターの岩田紫苑です。


今月リニューアルしたsoe!では、slackグループにて、特別研究会が開催されました。





特別研究会とは…

月に1度、花き業界に携わる方をゲストとして、お招きし、業界の専門知識を学ぶ勉強会のこと。Slackグループ(有料版)に入っている方が参加できる、クローズドイベントです。


今月のゲストは、フラワーディレクターの青木善則さん。


・フラワーディレクターとは、なんぞや

・どのようなキャリアを歩まれたのか

・花き業界へ入ったきっかけや、独立への経緯

・青木さん自身の展望

について、お話を伺いました。


今月プラットフォームサービスとして、リニューアルを予定している法人フラワーギフトサービス「HANAMUKE」





そして、廃棄される茎を活用した商品開発プロジェクト「STEMN」





これらのアイディアがカタチになるまでの誕生秘話であったり、

花き業界の市場規模をふまえ、フラワーディレクターという働き方の可能性を見出したり…

普段なかなか聞くことができない、貴重なお話も伺うことができました。


このように、お花や緑というコンテンツを、どのような企画に落とし込めば、花き業界が盛り上がるか…

フラワーディレクターの青木さんは、花き業界において、企画に特化した働き方を実現されています。


一般的には、花に関わるお仕事=お花屋さん/フローリスト、

というイメージが強いかもしれません。


しかし、様々な面から、花き業界を支える方々がいらっしゃいます。

例えば、生産者と販売者をつなげ、市場で働く方。

ブーケやアレンジメントに欠かすことができない、ラッピングを取り扱う資材屋で働く方。


このような方々をお招きし、花き業界を様々な角度から捉える。特別研究会とは、そんな勉強会になっています。


業界の専門知識を学びたい方、知見を深めたい方、必見のイベントです。

来月の開催もお楽しみに!



▶花と緑の社会実験室「soe!」

詳細ページ

Instagram

note

twitter

facebook



閲覧数:34回0件のコメント

関連記事

すべて表示
bottom of page