87communityのサステナブルフラワーレッスン

こんにちは、JOUROライター/tanetomi広報のshionです。


先日参加した、87communityのサステナブルフラワーレッスン。 コンセプトに加え、レッスン内容も、素敵だったのでご紹介する。

フラワーレッスンで使用するお花は、四ツ谷のお花屋さん「hanadouraku」の店頭に並ぶことができなくなったお花。例えば、茎が短くなってしまったり、花びらが開ききってしまったり、フローリストがブーケを束ねる過程で省いたお花など。何かしらの理由で販売できなくなったお花である。でも、これらの中には仕入後2日目の新鮮なお花もあるそうだ。自宅で飾るには申し分なく新鮮。できる限り廃棄せず、レッスンで活用し、お客様に自宅で最後まで楽しんでもらおう!という取り組みを広げていくコミュニティー。これが、87communityだ。



レッスンでは、お花屋さんにいるような感覚で、テーブルに並んだお花を自ら手に取り、組み合わせて、小さな花瓶に飾ってみるという流れ。あらかじめ、スタッフさんが、メインのお花・ベースのお花・アクセントやグリーン、の3種類にお花を分けてくれている。その中からそれぞれ決められた本数を手に取っていけば自然なブーケに仕上がるのだ。




だから、初心者さんでもあまり難しく考えずに、お花をチョイスできる。飾り方も、もちろんスタッフさんに相談したり、アドバイスを頂いたり。最後は素敵な店内で写真を撮って、終了。レッスン時間は1時間だが、自分のペースで30〜40分で退席する方もいたり、1時間しっかり向き合う方もいるそうだ。




そして、月額870円でレッスンに参加し放題なのも嬉しい。フローリストの石田さんによると、87communityのメンバーは現在200名ほど。レッスン日や時間帯の枠も、予約で埋まる日もあるが、比較的まだ空いているそうだ。

レッスンに通うことで、お花の廃棄軽減に貢献できる。さらにお花を選ぶときのセンスも磨くことができ、お花のある暮らしも、より楽しめるようになるはずだ。



フラワーフォトグラファー/ライター

shion

▶︎instagram

▶︎note

▶︎Twitter



10回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示