• Yoshinori Aoki

1%の変態

今日はかれこれ15年ほど通っている、地元長野のアパレルショップLaBarba で開催された

「第1回ラバルバ サミット」にご招待していただき参加してきました。


「1%の熱狂」というタイトルからしてとても暑苦しいブログをラバルバ は発信しているのですが、ラバルバ のお客様は「1%の変態」と言ってもいい、良い意味で自分のこだわりが強く・おしゃれが好き・ナルシスト笑・そんな人たちの集まりです。


その1%の変態たちと一緒に、ラバルバ というコミュニティを通じて何か地元に貢献していきたい!代表の太一さんのこれまた暑苦しい話で終始楽しませてもらいました。


話の内容は実は至ってマジメで素直に勉強になりました。

「日本最高峰を目指す」

「これから益々AIの時代になっていく、そんな時代に店舗にわざわざ来てもらうには?」

「テーマと意図をもってオリジナルブランド開発をしている」

「お客様の行動から逆算してそれに合うニーズの洋服を開発している」

「お客様ファースト」

「あなたのことわかってますよというお客様との関係性をどう築いていくか?」


などなど。

話の内容はもちろんファッションのことだったんですが、全く同じことが花業界にも言えると思ってずっと聞かせていただきました。


花屋さんは「花」というそれ自体が美しく素晴らしいので、そこに胡座をかきがちです(青木の解釈)ただ、花はあくまでツール。じゃあ何のツールなのか?ここをもっと深掘りした上で「花」というツールの提案をしないと、どんどん花のニーズは低下していくでしょう。

その辺りがまだまだ業界として正直弱いと感じています。。異業種から学ぶこと、沢山ありますね。



ラバルバ サミットに参加させていただいた感想。

「ヤバイ集団になるぞ」



今後どんな展開になるか?楽しみです!


89回の閲覧

© 2018 JOURO