花き園芸業界のSDGsを目指した「STEMN」プロジェクト

こんにちは、JOUROライターの岩田紫苑です。

昨年の秋、実施したクラウドファンディングにて、大反響を頂いた「STEMN」プロジェクト。植物用ポットの商品化が決定し、来月6月1日より、企業様や小売店向けに販売がスタートします。





 


目次

  1. 「STEMN」プロジェクトとは?

  2. そもそも、廃棄される茎の量ってどのくらい?

  3. 循環型植物用ポットって何?

  4. ポットは、どうやって使うの?

  5. SDGsのどこに貢献できるの?

  6. 「STEMN」プロジェクトの今後



 


1.「STEMN」プロジェクトとは?

お花屋さんや花市場、葬儀会社さんなど、お花を取り扱う現場では、日々たくさんの茎が廃棄されています。ブーケやアレンジメント製作、冠婚葬祭の装飾において、お花が必要な長さにカットされるからです。


SDGsが叫ばれる昨今、この植物の茎もただ廃棄するのではなく、新たな資源として捉え、活用することはできないか…

そう考え、㈱JOUROと㈱山櫻の共同で商品開発に臨んでいるのが、「STEMN‐ステムン-」プロジェクト。その第一弾として、まずは循環型植物用ポットの販売をスタートします!





2.そもそも、廃棄される茎の量ってどのくらい?

実際にどのくらいの茎が廃棄されているのか…

とあるお花屋さんにご協力いただき、

1店舗あたりで、一体どのくらいの茎が廃棄されるのか、検証してみました。


結果、45リットルのゴミ袋×3袋。

つまり、1日あたり、135リットルの葉と茎が廃棄されています。


花市場は毎週月、水、金曜日にせりが行われているため、

これにあわせて、お花屋さんが週3回仕入れに行くと仮定します。

すると、1週間で405リットル(135×3)が廃棄。

×4週間、×12か月…と計算していくと

想像することができないほどの量が、廃棄されていることになりますね…


これはあくまで、1店舗あたりの計算。


皆さんの店舗でも、どのくらいの葉や茎が廃棄されているのか、注目してみてくださいね。



3.循環型植物用ポットって何?


新たな地球資源を使わない製造工程

循環型植物用ポットの原材料は、2つ。葉を含む茎と新聞古紙です。

回収した茎を乾燥粉砕し、粉末状にします。水で溶かした新聞古紙のなかに、粉末の茎を練り込みます。それらを金型で成形し、乾燥させて、ポットを作っています。

そのため、新たな地球資源を一切使わない製造工程です。


土に埋めれば、地球に還る

園芸用ポットとして活用いただき、植え替えの際は、ポットごと土に埋めることができます。地中にいる微生物が、半年から1年ほどかけて、ポットを分解してくれるからです。

お花を楽しんだ後のアレンジメントの器は、使い道に困ったり、倉庫の奥で眠っていたり…ゴミとして廃棄されることが多いです。

しかし、このような設計なので、ゴミを排出しません。





4.ポットは、どうやって使うの?

生花のアレンジメント、ドライフラワーのアレンジメント、多肉植物の寄せ植えなど。

器の色は、お花や多肉植物を邪魔しないシンプルな色味になっています。

また、表面の凹凸など、原材料で使っている新聞古紙の素材感もあらわしたデザイン。





5.SDGsのどこに貢献できるの?

この「STEMN」プロジェクトでは、花き園芸業界のSDGsを目指しています。

具体的に、ポットを取り扱うことで、17の目標のどこに該当し、どのような貢献ができるのか?


目標12 【つくる責任つかう責任】

→ターゲット12.2「天然資源の持続的な管理と利用」

ポットの原材料は、廃棄される茎と新聞古紙。新たな資源を使用しません。

→ターゲット12.5「廃棄物の発生の大幅な削減」

不要になった場合でも、土に埋めることで、微生物がポットを分解します。

ゴミを排出しない設計です。


目標14【海の豊かさを守ろう】

→ターゲット14.1「海洋汚染を減らす」

化石燃料由来の素材を使用していないため、

海洋マイクロプラスチック問題の低減につながります。


目標15【陸の豊かさを守ろう】

→ターゲット15.2「森林減少の阻止と劣化した森林の修復」

原材料である新聞古紙は、一度世の中に出回り、その後回収されたもの。

紙資源でありながらも、木を伐採していないため、森林保全に貢献できます。





6.「STEMN」プロジェクトの今後

まずは、この循環型植物用ポットを販売し、花き園芸業界の皆様にお届けすることが最優先ですが…

前述したように、日々廃棄される茎の量は、計り知れない量です。

そのため、このプロジェクトは一度きりで終わらせず、第2弾、第3弾というように、

茎を活用した商品開発を行う予定です。


 

花き園芸業界においても、SDGsという視点は欠かせなくなってきています。

企業として、どのような取り組みをやっていこうか?何かできるのか?

そう悩まれている小売店様は、ぜひ「STEMN」の導入をご検討ください。


▶STEMNプロジェクト SNS

ホームページ

Instagram


閲覧数:183回0件のコメント

関連記事

すべて表示