神田昌典さん講演会

最終更新: 2019年5月31日

フラワーディレクターとして提携花屋さんと共に活動している青木です。

「花屋2.0」というフラワーアーティスト支援サービス

「祝花コレクトサービス」

「アート盆栽」

など、【フラワービジネスをデザインする】をテーマに花屋という立場ではないからこそ

できる業界の盛り上げ方を様々企画立案し展開中です。

==========================================================


こんにちは!

確定申告書類の作成が終わり、一息ついた青木です。会計ソフトから簡単に作成はできるのですが、そこからの申告が手こずり結局郵送することに。。。

(国のシステム使いにくい 汗)

 

さて、先日日本のトップマーケッターの1人と言われている神田昌典さんの講演会に行ってきました。


詳細はこちら



「ここからの6年で大きく社会は変化する」

「本業をベーシックインカム的に捉える人が増える」

「やりがいのある副業を求める人が増える」

「自動販売機のような誰でも稼げる圧倒的に生産性の高い仕事を大量に生み出す必要性」

「大企業が機能不全を起こしているので、地域の元気な企業がこれからどんどん飛躍する」


などなど、印象的な内容が沢山ありました。

 


個人的にとても印象的だったのは副業に関する話です。

確かに、時間外労働規制が導入されたら空いた時間で人は何をするんだろう?

もちろんお金に余裕のある人は空いた時間で趣味や趣向にお金を費やすことはできるんだろうけど、そうでない人は時間短縮によって働きたくても働けない=稼げないという構図も生まれる気がしているので、そうなった時に副業にそれを求め始めるのではないかと。

 

ただ、その時本業は本業であるのでそこに「高給」を求めるのではなく、それよりも自己のスキルアップや地域貢献といったやりがいを求める。そうなった時に「花屋」の仕事はチャンスだなと思いました。

 

これは青木の勝手な解釈なので「そんなことない!」という人はスルーしていただいて結構ですが、花屋さんはそもそも高額なお給料を支払えない。でもお花に触れる仕事という他にはないとっても貴重な価値がある。だからこそこれからのそんな時代にマッチすると思いました。

 

例えば「キャバ嬢」。これは先日知人にも教わってなるほど〜と思ったので、そのままシェアしますが、「副業を前提に設計している職業」なんです。無論、そのままうまくいって本業として捉えて活躍されている方もいますが、前提がその設計。

 

だとするならば花屋もその職業の前提を変えてみると見える世界が変わるかもしれないと思ったわけです。

 



とまぁ、こんな感じで花屋さんというお仕事をどう盛り上げていくか?という視点で色々発信したりサービス提供したりしてますので、花屋さんのみなさま。もしよろしかったらこちらにご参加ください。(特典もご用意しています)




23回の閲覧

© 2018 JOURO