「横丁」から学んだこと

昭和の雰囲気漂う「横丁」。僕は大好きです。

個性溢れるお店が群を成し、そのエリアの魅力を演出している。

もつ煮が美味しい店、魚料理が美味しいお店、肉料理が美味しいお店などなど。

「飲食店」で括ってしまうと競合になるが、その中で棲み分けしているので実際には競合ではない。先日は、横浜の上大岡にある横丁で花業界仲間と食事をした。


楽しかった。アガった↑


その時はイタリアンバルのようなお店に入ったが、他にも魅力的なお店があった。



この時思ったこと。


「花屋横丁あっても面白くない?」


個店での集客が難しければ、チームを編成する。

個人でできないことをするために組織やチームがある。

これからの時代、そんな生き方が求められている気がしてならない。


花屋の皆さん、どうでしょうかね?

(それは難しいよ!ってレスがすぐ来そうですけど・・)



+++++ メルマガやってます(週1回程度) +++++

32回の閲覧

© 2018 JOURO