会社そのものをプラットフォーム化していく

更新日:8月26日



先日の投稿で今現在同時進行しているプロジェクトの進捗についてご報告しました。

(詳細はこちらをご覧ください)


で、表に出せているプロジェクトが現在数個ありますが、まだ水面下で動いていて構想中のものも含めると10プロジェクトくらいあるのかな?そんな状況です。

ただ、今現在株式会社JOUROは青木のみです。まだ一人親方です。風が吹けば飛んでいってしまうような弱小であることは間違いありません。。。


なのにも関わらずこれだけのプロジェクトを同時進行できるのは、「コミュニティ」これに尽きます。


運営している花と緑に関わる人のためのオンラインサロン「虹ノアトリエ」を活動の母体にしていますし、この運営こそが現在の経営の根幹になっています。約380名ほどいるサロンメンバーさんにとってどんな価値を提供したら喜んでもらえるのか?どんな価値を作っていったら一緒に楽しい未来を創造できるのか?そんなことを365日考えています。


で、その中で着想したものはサロンに投げかけ、共同運営をしたい!という人を募り実際に形にしていく。その流れを作って現在同時進行でプロジェクトを進めているわけですが、このホームページも、今後はJOUROのホームページではなく「花と緑のオウンドメディアJOURO」にしてサロンメンバーさんと共に育てていく、そんな活用に移行していきます。(今は準備期間中)


諸々株式会社JOURO内にあるそうしたリソースをサロンメンバーさんにどんどんシェアしていきたいと考えているのですが、そうなるとその先にあるのは「会社のプラットフォーム化」です。


「サロンメンバーさんにとって価値あるコンテンツを提供するのがJOUROなら、JOUROそのものをプラットフォーム化してサロンメンバーさんにとって使い勝手の良い会社になればいい」そう考えています。そのために各種サービスや商品を提供していく。


まだまだ頭の中にあるイメージだけで具体性に欠ける話ですしこのブログを書きながら思考を整理している自分もいるくらいなので、お読の方にとっては???な話かもしれませんが、少なくとも花業界は個人や家族経営の方が圧倒的に多い業界。そんな皆さんにとって使いやすいプラットフォームがあれば、それは事業を成り立たせていく上で一つの大きな安心材料になると思うんです。体力ある会社は自社でそれらのリソースを用意できちゃいますけど、花業界の方々の多くはそうではありません。


そんな世界を目指していますので、引き続き応援よろしくお願いします。


それではみなさま、今日もがんばローズ🌹




JOURO LINE公式アカウントはこちら

26回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示