フラワーディレクター

最終更新: 2019年5月31日


フラワーディレクターとして提携花屋さんと共に活動している青木です。

「花屋2.0」という花屋専門支援サービス

「祝花コレクトサービス」

「アート盆栽」

など、【フラワービジネスを新しくデザインする】をテーマに花屋という立場ではないからこそできる業界の盛り上げ方を様々企画立案し展開中です。

「ところで、フラワーディレクターってなに?」


この質問を多くいただきます。

自分が知る限りではこの肩書きを名乗って仕事をしている人はいません。

 


元々営業職上がりで花業界でその職業に特化して活動していこうと思ったので、「花屋の営業」という表現をしていたのですが、なんだかフィットしなくなってきていて。。


そんな時に大変お世話になっているとある経営者の方から「青木君の仕事って、ディレクターだね」そう言っていただいたんです。で、超納得感がありその場で決めました。

「ディレクター」・・・演出家または監督、現場の責任者(コトバンクより)

そうです。花というツールを活用してどうギフトシーンや各種花のあるシーンを演出するか?それが私の役目です。


で、その時に花そのものを束ねたり、花材選定したり、実際に装飾するのがフラワーアーティスト。 (いわゆる花屋さん)


花屋さんすらも演出の1つです。もっと言えばそこにいるフラワーアーティストという人。

人によって得意な装飾や技術が異なります。それを青木が把握しお客様のニーズとフィットさせる。そんな役割です。ただの仲介屋ではありません。

 


このように、「花」という物質的なモノだけにフォーカスせず、それを活用するシーン全体に視野を広げ演出をすることで見えてくる世界もあります。

 

まだまだ「花束」「アレンジメント」というモノをいかに綺麗に作るか?この価値観だけが先行して私が作っていきたい世界観が全く追いついていないのも現状です。


私の考えに共感してくださるフラワーアーティストの方々の数もまだまだ不十分です。(仕事の特性上、各地域に信頼できるフラワーアーティストを発掘していく必要があります)目標としては、花屋25,000店舗あると言われていますので、その10%にあたる2,500人の方とはパートナーシップを組みたいと考えています。


その時には業界にとって大きな存在感を発揮できる立場になっているでしょう。

それだけのネットワークがあれば既存の花キューピッドなどのシステム同等もしくはそれ以上の人的ネットーワークができるので、アーティスト同士の仕事依頼も円滑になります。



他にも実現していきたい具体的なサービスが大きく3つほどあります。

・フラワーアーティストのためのシェアアトリエ

・フラワーアーティストのための配送委託業務

・フラワーアーティストのための新規顧客獲得を目的としたアプリ


もれなくお金の問題が絡んできますが、これらはフラワーアーティストの皆さんにとって必要とされるサービスだと確信しています。これからその職業を目指したい!(本業・副業問わず)という方にとっても役に立てるサービスです。周囲の方々にお力添えいただかなければこれらのサービスは実現できないことも承知していますので、力を貸していただけるような人物になれるようもっともっと成長して参ります!



「フラワーディレクター」

この職業が今後益々定着し、青木以外にもこの職業を目指す人が出てきて、新卒中途問わず「フラワーディレクターになりたい!」そう思ってもらえるような職業に高めていきます!

141回の閲覧

© 2018 JOURO