ビジネスの力を発揮する時



こんにちは。JOURO(ジョウロ)代表の青木です。「虹ノアトリエ」という花業界専門オンラインサロンを運営したり、花と緑に関するサービスの開発提供をしています。



STEMNプロジェクト公開になり、おかげさまでとても反応は良いです。

https://tanetomi.en-jine.com/projects/stemn-project

(反応は良いのですが、最後のポチッがまだまだ苦戦中・・)



世の中にはこうしたSDGsに関連した商品サービス、エシカルアイテムなどすでに多くのプロダクトが生まれ始めています。持続している商品やサービスに共通しているのは、もちろん「共感」を得ているということはあるでしょう。しかし、それと同じくらいに大切だと思っているポイントが「ビジネス」にすることです。きちんとビジネスとして設計されたものかどうか?これはサスティナブルという視点で見ても、かなり重要な要素です。


一昔前は、こうした社会課題解決などは「ボランティア」「お金がある方・企業の慈善活動」といったイメージが強かったように思います。今でもそのようなイメージを持っている方は一定数いるでしょう。つまり「ビジネス」としてそれらの活動を見ていないんですね。


だから「想いはあっても活動資金がなくて続けられない」「資金はあるがそこに割く時間を作れない=そこまでの想いはない」極論、この2つに絞られてくるのではないかな。


だったら、「想いがある人が資金を生み続けられる形=ビジネス」として軌道に乗せることができれば、世の中はもっともっと良くなっていく。そう信じています。


現代は「SDGsとビジネスを両立させる」ことが命題になっている時代です。それが求められている時代です。


なので、今回のSTEMNプロジェクトも決してボランティアとか慈善活動とかそういう類ではなく、きちんとビジネスとして継続できる形をデザインしていきます。まだまだ設計が甘い部分がありますが、必ず形にして世の中にSTEMNを送り出します!


応援よろしくお願いします!



それではみなさま、今日もがんばローズ🌹



JOURO LINE公式アカウントはこちら

17回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示