top of page

バラの栽培で、一番大変な作業とは…

こんにちは、岩田紫苑です。


11月1日からスタートした、クラウドファンディング

ご支援いただいた皆さま、誠にありがとうございます!


12日目を終えようとしている今、

支援者は44人、支援総額は382,500円集まっています。




長野県中野市にある、保科バラ園の保科さんは、

以前より減農薬に取り組むバラ農家さん。


一般的に、無農薬でバラを育てることは、とても難しいようです。

以前、インタビューでお伺いした際も、このように答えてくださっています。


私:「バラの栽培で一番大変な作業は何ですか?」


保科さん:「農薬散布防除ですね…」


保科さん:

「散布していると、具合が悪くなってしまったり。暑い時期には、カッパを羽織りながら散布するため、熱中症になりかけたり。」


「将来、息子が家業を継ぎたい、と言ってくれた時に、身体への負担を減らし、自分と同じ苦労もさせたくないので…」


と仰っていたのが、とても印象的でした。



土壌にも良くない…持続可能な農業ではない…という点から

木酢や米酢、ハーブ抽出液など自然由来のものを散布し、試行錯誤の毎日だそうです。



そんなバラ農家さんが手掛けたエディブルローズを使用したクラフトジン。

私は飲んでみたい!

引き続き、残り18日も応援いただけたら嬉しいです!






閲覧数:13回0件のコメント

関連記事

すべて表示

コメント


bottom of page