What’s  flower  director?

フラワーディレクターとは?

​一言で言えば「花業界の企画営業マーケティング界隈の人」です。

​「届ける」分野のお仕事に特化して活動しています。

個人事業や家族経営など小規模事業者がほとんどの花屋さん。

この分野の仕事はどうしても後回しになりがちです。

お花の仕入れ

資材の仕入れ

水揚げ

陳列

商品製作

店内装飾

値付け

店頭対応

受注対応

配達計画

配達

発送用梱包

顧客管理

請求業務

入金管理

財務戦略

人材育成

技術研鑚

花屋さん(フローリスト)は、ただでさえ多岐にわたるお仕事を抱えています。

それに加えて届ける分野の仕事も全てやろうとすればするほど

仕事のクオリティは上がらず疲弊していきます。

当然それだけ時間も必要になるので、労働環境も悪化します。

だから、「フラワーディレクター」の存在を定着させることで

お互いの得意分野を伸ばし協力しあえる関係性を作れたなら

​業界にとって画期的な仕組みになると考えました。

フローリストのみなさんだって本当は

「お花と向き合っていたい」

これが本音です。

お店の垣根を超えたパートナーシップを組むことで

​これからの新たな働き方を一緒に創っていきましょう。

フラワーディレクターになるには?

「フラワーディレクター養成サロン」参加 ※slackを活用

アシスタントフラワーディレクター ※サロン継続3ヶ月以上

ベーシックフラワーディレクター ※サロン継続1年以上

シニアフラワーディレクター ※サロン継続3年以上

詳細はこちらまでお問い合わせください。

座右の銘

「花よりも花を育てる土であれ」

業界にとっての花は

花屋さんでありフローリスト

JOUROはその花にとって

​必要不可欠な存在を目指しています

​綺麗な花を咲かせるためには

​水と光と土が必要です

© 2018 JOURO