FLOWER ARTIST MANAGEMENT

フラワーアーティスト専門で

​マネジメント業務を行なっております。

一人の「アーティスト」として

例えば、1万円の花束を10人のお花屋さんに依頼したとします。

恐らく10通りの個性ある花束が出来上がるでしょう。

​また、季節やその年によってもお花の状態が全く同じということはありませんので、その時のお花の状態を見極めて商品を作ります。

それ故、全く同じ商品をもう一度作るということも不可能に近いです。

お花屋さんはその世界で生きています。

これはもはや「アーティスト」です。

常にお花と会話をして、その時最善と思える「作品」を世に送り出す。

技術職でありアーティスト。

だからこそできることとできないことがあります。

JOUROでは、その「できないこと」に専念し、

フラワーアーティストのみなさまが、アーティスト活動に専念できるようになるには、

何ができるか?を研究しています。

「自分はアーティストなんかじゃないよ」

そう考える花屋さんもいます。

しかし、

「もし、この職業がアーティストだったとするならば?」

ひょっとしたら日々の立ち振る舞いが変わるのではないでしょうか?

ひょっとしたら服装も変わるのではないでしょうか?

ひょっとしたらお花を生ける姿もサービスになるのではないでしょうか?

結果として「フラワーアーティスト」という職業が憧れを持たれ

この職業を志す人が増え、業界の発展に繋がる。

そんな世界を描いています。

フラワーアーティストのみなさま。

JOUROとパートナーシップを組み、

「これから」を共に創っていきませんか?

© 2018 JOURO